2010年

1月

02日

上海のパワーと驚きの体験(気になる上海雑技団の事故)

上海一の活気溢れる繁華街、南京東路を訪れた。
 デパートの中は、元旦の明治神宮並みの人出。
エスカレータで上っても、人の波が流れる方向にしか進めず、娘がおしつぶされそうになるので、10-20分でギブアップ。
中国人の購買意欲を目の当たりにして驚く。
人々の表情が「物を買う喜び」にあふれているので、やはりこれから発展してゆく国だなと改めて思う。

さて、完全に観光旅行の私たち。
夜は、雲峰劇場の上海雑技団を見に行く。
驚きの演目だが、それ以上に驚きの場面にでくわす。
 演目の最後が、モーターバイクサーカスという、球体の網の中でバイク5台が走り回る危険な演目なのだが、最後にバイクに乗った女性が、網の中でバイクごと転倒・転落してしまった。
最初は、そんな演出かと思ったが、スタッフが網の中に次々と入ってゆき、幕が突然閉じてしまったので、完全な事故のようだ。

観客も呆然としたまま、そのままフィナーレとなったが、何がおきたのかわからぬまま閉幕。

どう表現していいかわからぬ気持ちのまま、1日が終わった。

 

ブログTOPへ