涙の花束

娘がこっそりと私たちに買ってきてくれた花束
娘がこっそりと私たちに買ってきてくれた花束

「ずっと私の受験を応援してくれて有難う!ピンクのほうがママ用で白い束のほうがパパ用だよ。」

図書館に行った娘が、自分のお小遣いで小さな花束を買ってきてくれました。

今日、お祝いにいただいた自分ヘの花束を見て、両親にも贈りたくなったようですが、涙……うるうるです。

 

実は娘の通っていた塾では、いつもいつも「君たちが、どんな結果を出してもいつも君たちの両親は君たちの味方だ。ここまで何年も送り迎えをしてくれたり、お弁当を作ってくれたりしたご両親に感謝しなさい。」「もし、受験で良い結果を出したら、まずご両親に感謝しなさい。」「もし、受験で希望に副わぬ結果となったとしても、ご両親だけは君たちの努力をずっとずっと見てくれてる。」というようなことを言ってくれていました。

娘に合格祝いとしていただいた花束です。
娘に合格祝いとしていただいた花束です。

初日の学校が残念だった時も、2日の希望の学校に合格した時も、塾長から電話がかかってきて、

「お父さんとお母さんに感謝しなきゃね。」ということを言われたようです。

そんな塾に恵まれて、勉強だけではない「何か」を得られた受験だったと思います。

 

右の写真は、今日娘の合格祝いにいただいた花束です。娘はこの花束を手にして、パパとママにもお祝いと感謝の花束を贈らなきゃと思ったようです。

受験はある意味人間形成の一部になるんだなぁ…と思えた一日でもありました。

 

 

<受験前後のブログ>

最後の塾弁 1月29日

明日から中学受験(娘への手紙 1日目) 1月31日

今日から始まる 2月1日

受験二日目(娘への手紙 2日目) 2月2日

サクラよ咲け!(娘への手紙 3日目) 2月3日

啓明舎の先生方に感謝 サクラ咲く 2月4日

涙の花束 2月6日

 

 

TOPへ